PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

首都サラエボで見た景色

今日はモスタルから首都サラエボに向かいます!
IMG_0793.jpg


モスタル→サラエボ 20マルカ(約¥1365) 約2時間40分



IMG_0971.jpg





サラエボに着き、いきなりジプシーらしき物乞いが多い。
今までは全然いなかったので、何だか治安が悪いというか貧富の差があるのだろう。

サラエボまで来るバスで日本人っぽい旅行者が一人でいて話したら日本人大学生で、今日の予定は決まっていないとのことなので一緒にサラエボを周る事に!

いつも思うんですが、海外だと日本人だと思ったら韓国人や中国人ってことがよくあります。

まぁおっちゃんやおばちゃんだといかにもって服装しているので分かりやすいんですがね(笑)


お互い旧市街の近くに宿を予約してあるのでそこまでトラムで行くことに!





まぁ街中にレトロな年代物のトラムが走ってます。
IMG_0808.jpg



IMG_0846_2013101403303523b.jpg




トラムの中でジプシーらしきガキがスリしてこようとするし、

学生らしき若者たちに「チャイナ!チャイナ!」、「ジャパニーズ!ジャパニーズ!」、「ニイハオ!」
ってしつこく大声で小馬鹿にされるわ、ラリった兄ちゃんたちに絡まれるはでサラエボに着いて
早々に気分悪いし印象が悪い。



お互い一旦荷物を置きに宿へ行き、旧市街の中心地バシチャルシャで再度集合する事に。




セビリと呼ばれる水飲み場。
IMG_0800_201310140402321e0.jpg





IMG_0797_20131014034706bd0.jpg




旧市街のバシチャルシャはオリエンタルな雰囲気がとてもいい感じです。
IMG_0822.jpg



IMG_0806.jpg


IMG_0825.jpg










ここサラエボ博物館の前で歴史的事件が起こりました。IMG_0895.jpg



IMG_0898_201310140407043ba.jpg



IMG_0812.jpg




ラテン橋
ここでオーストリア皇太子夫妻がセルビア人青年に殺され、
それがきっかけで第一次世界大戦が勃発になりました

IMG_0819.jpg










街中いたるところに紛争の爪痕が
IMG_0849.jpg




おびただしい銃弾の跡
IMG_0852.jpg



補修が生々しい
IMG_0868.jpg






紛争中も唯一営業していたホリデーイン
世界中のカメラマンやジャーナリストが利用していました。
IMG_0863.jpg




ホリデーインの前の通りを通称”スナイパー通り”と呼ばれ、紛争中はセルビア軍に動くものは全て標的になり老若男女問わず多くの人が犠牲になりました。
IMG_0866.jpg



街の道路で見られる「サラエボのバラ」と呼ばれるこの赤いの
IMG_0875.jpg
砲弾によって死者を出した跡を、赤い樹脂のようなもので埋めたらしい!




よく街中で見かけたスプレーアートのような人の顔。
結局なんだかわからなかった
IMG_0869.jpg





サラエボオリンピックの時の聖火
IMG_0837_20131014044144037.jpg




バシチャルシャ周辺には各宗教施設が共存しておりみな徒歩10分以内と近い位置にあります。
ホントに多民族国家だということを実感させられます


イスラム教のモスク
IMG_0807.jpg


カトリック大聖堂
IMG_0832.jpg


ユダヤのシナゴーグ
IMG_0905_20131014044736817.jpg



教会の近くでイスラムのアザーンが聞こえて来るのが不思議な感じである。

サラエボ市民には日常の事なんだろうけど
IMG_0937.jpg




IMG_0945.jpg




IMG_0954.jpg



地元のスーパーでちょっと寄り道

スーパーは何となく地元の人の食生活がわかるので大好きです!
IMG_0919_201310140454397a5.jpg



IMG_0916_20131014045509096.jpg



日本でもこういうボリュームでチーズやフレッシュなお肉が買えるといいのになぁ
IMG_0922_20131014045540ca1.jpg



バシチャルシャを北に登るとたくさんの白いお墓が
IMG_0961.jpg


IMG_0958.jpg




本日の宿
バシチャルシャから300mくらいで立地はいいんだけどコスパが悪い。
wifiは普通に繋がる、いかんせんボロイ!
Hostel Hayat シングル30€
IMG_0970.jpg




ボスニア2都市を周って歴史的な事にも少し目を向けられたし、紛争の爪痕は正直引くけど
結果楽しめたし来れてよかったと思います。

ボスニアの人は皆優しいけど、治安が悪いのもまた事実。
貧富の差もあるように見えるし、これはボスニアに限って言えることではないけど満足に教育が受けられていないから職につけないという現実がスリや物乞いになってしまうのだろう。
ボスニアが本当の意味で復興が果たせるのはまだまだ時間がかかりそうな感じである
スポンサーサイト

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 03:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/06/14 11:01 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://monopole1109.blog.fc2.com/tb.php/61-1b650fc0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。