PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボスニア・ヘルツェゴビナって国

こんにちは。

みなさん、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」って国はどんなイメージがありますか!?

僕は詳しくはわからないけど紛争の印象が強いのとオリンピックくらいですかね。あとはサッカーの元日本代表監督オシムの出身だね。

正直、戦争はとっくに終わっているけど東欧ってこともあり治安が悪そう、人が冷たそう、街は閑散としてそうとか僕の勝手な先入観でそんなイメージしかなかったです!

なら行くなよ!って話になるけど来てみたかったんです。


まずは1992年から1995年まで続いた、「ボスニア戦争」

その前に少し旧ユーゴスラビアの事を. . . . . . . 。

ユーゴはストイコビッチがいた国でサッカーが強かった国だね!

ユーゴは6つの共和国で構成されていました。
・マケドニア ・セルビア ・モンテネグロ ・クロアチア 
・スロベニア ・ボスニア

8762d1ecd030b4e00ac0051e7673789b[1]


今はみな独立しているけど当時はこの国らをまとめて「ユーゴスラビア」って言ってたんだよね。

5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字これがユーゴスラビア。

いわゆる多民族国家。

この多民族国家をチトーという指導者がうまくまとめていて比較的仲良くやっていたんです。

こんなにたくさんの民族、違う宗教をまとめていたんだからすごい!
今じゃ考えられなよね!?



しかしチトーの死後ユーゴは混乱してソ連等の民主化の流れに乗り共産体制をやめる流れになります。
そのあたりから、民族主義、分裂主義、多民族排除という思想が強くなっていきます。
「自分たちで自分たちの国をつくる」みたいな


そしてセルビアがコソボ自治州の併合を強行しようとすると猛反発し、90年に独立を宣言し、これをきっかけに
ユーゴスラビア国内が泥沼の内戦状態になっていったのです。

これがユーゴスラビアが分裂していく
「ユーゴスラビア紛争」です。


そこから各共和国が独立を目指し、その中の一つのボスニアも1992年に独立を宣言し、そこから「ボスニア戦争」が始まっていったのです。


ボスニアには3つの民族が共存していて
・ボシュニャク人

・セルビア人

・クロアチア人


この3つの民族同士で争ったのが「ボスニア戦争」。




そして約3年半続いた激しい紛争もNATOの介入で停戦に。
この3年半の紛争で死者20万人。
難民200万人、そして民族浄化と呼ばれる(大量虐殺、レイプ、強制出産)というのがたくさん行われました。
数多くの一般市民も犠牲になっています。


今回のボスニアの旅は
この紛争で一番激しい戦場となった首都サラエボとモスタルの2都市を周る予定です。



だいぶ省略しましたが、まだまだ勉強不足な為伝わりづらいですが、この国に来るのにあたり少し歴史に触れようと思いました。


暗くなるのではなく少しでも歴史を感じながらこの国を満喫したいと思います。
スポンサーサイト

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 05:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://monopole1109.blog.fc2.com/tb.php/59-cfa2dfd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。