2013年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アルプスの瞳を満喫のはずが. . . . .

こんにちは(^O^)

今日はスロベニアに来た一番の目的のブレッドを目指します。

ピランから首都のリュブリャナを経由しブレッドへ

この街にあるブレッド湖が一番の見所でスロベニアの人気観光名所です。

ブレッド湖は「アルプスの瞳」と呼ばれアルプス山脈をバックにエメラルドグリーンのきれいな湖なんです。
写真で見たときに絶対行きたいと思っていたのでとっても楽しみ♬



リュブリャナから1時間半くらいで到着。寝てたのであっという間でした。



バスを降りてびっくり!!









. . . . . . . . . 。











土砂降りなんですけど(>_<)






絶景を楽しみにしていたので超ショック!!






すぐ止みそうにもないけど予約したホステルがバスターミナルから50mって書いてあったから、
しょうがないから行くか!
IMG_1298.jpg
ターミナルっていうかバス停だよね!?



探しても全然それらしい宿がないんだけど!
大雨の中ビショビショになりながら1時間以上歩き回ったけど見つからなかった。

バスターミナルで人に聞いたら「すぐそこよ!」ってホントに50mくらいの距離だった(笑)
最初から聞けばよかったよ、そしたらこんなにズブ濡れにならなくて済んだしね!

ホステルも見た目普通の家だし看板もないから絶対気がつかないよ~


ここもまたスタッフがいなくてブザー鳴らしてたら宿泊客が出てきて

「予約してる?」って聞かれたから、してるよ!って答えたら

「それなら、鍵がポストに入っているから!」って教えてくれました。

そんなシステムってあり!?

お金はいつ支払いするんだろう?
IMG_1297.jpg








天気が悪いのでイマイチ出歩く気にならないのですが、

せっかくなので小降りになるのを待ってブレッド湖へ
IMG_1303_20131019054110119.jpg





雨でも趣味の釣りを楽しむおじさん
IMG_1302.jpg




完全防備で釣りを楽しむカップルIMG_1406.jpg



普通に道路を闊歩している白鳥ww
IMG_1434.jpg



こんなに近くで白鳥みたの初めてかも!毛がふわふわであったかそう
IMG_1418.jpg



カモたちもカワイイ
IMG_1396.jpg










本来ならこういうのが見たかったのですが(画像は借物)
june_05[1]







実際は. . . . .









ハイッ!







IMG_1311_2013101905531476e.jpg




IMG_1318_20131019055914a7e.jpg




IMG_1314.jpg
霧があって幻想的って思う人もいるかもしれないけど期待してた分、感動も半減。





せっかくなので山の上にあるブレッド城に行ってみることに。
IMG_1411.jpg



IMG_1320_2013101906012476a.jpg



IMG_1326.jpg




霧がどんどん濃くなっていく!IMG_1346.jpg



IMG_1342.jpg



行って30分しないうちに霧で真っ白になり見えなくなりました。
入場料8€がより高く感じました(笑)
IMG_1377.jpg


この時なんて観光客は中国人しかいなかったからね!
修学旅行かよ!ってくらい大人数おっさん、おばさんが。
なんで中国人のおっちゃんたちはいつも大人数で行動するんだろう!?
IMG_1378.jpg





もうご飯食べて帰ろうかなぁ
ブレッド湖の近く中華レストラン「北京飯店」
IMG_1383.jpg



めっちゃうまし!
IMG_1384.jpg






天気が悪くて残念だったけど雰囲気は味わえたしそれなりに楽しめたかなぁ!

何よりこの場所に来れたのがよかった。

のんびりゆっくり過ごすにはいい街かも。

天気がいい時にまたリベンジしたいな!





次の日なんかもっと霧が濃かったからね(笑)
IMG_1422.jpg
スポンサーサイト

| スロベニア | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アドリア海に面した小さな小さな街

リュブリャナからバスに乗り山間の道を進み2時間半くらいでコペルという街の小さなバスターミナルに到着。
ターミナルというより、まぁバス停だね。

ピラン行のバスを探すと横に停まっていたバスがピラン行ですぐ出発との事。

     ラッキー!

普通の路線バスなので座席も狭いし、人もたくさん乗ってくるので大きいバックパックを持っている自分がとても迷惑なのを感じる。

道中下りる気もないのにストップブザーを押しまくる若者に運転手が運転しながらめっちゃキレてた。
そりゃそうだ!

どこで降りたらいいかわからず隣の席のおばちゃんに聞いてもわからないって言うし、窓から外を見てもよくわかんないし、そろそろ降りちゃおうかなぁって思ってたらさっきまであんなにキレてた運転手がピランは終点だ!と教えてくれた。


助かった~!危うく降りちゃうトコだった!









コペルから40分くらいで終点のピランに到着。

ピランはアドリア海に面したスロベニアの先端の小さな街である。

バスを降りると心地よい潮の香りが!

ん~なんかいい感じ♪
IMG_1182.jpg



IMG_1114.jpg


中世の面影を残す街並みやオレンジの屋根、街のコンパクトさがドブロブニクやコトルに似たのを感じます


地図を見ながら予約したホステルに向かいます。

車など通れない細く入り組んだ迷路のような道を歩いて探します
IMG_1105.jpg



IMG_1106.jpg



なかなか見つからないなぁ~
この辺りなんだけどなぁ~!

IMG_1129.jpg




場所を聞いたらココだよって教えてくれた
これじゃ分からないって!!何回も通り過ぎたわ!!
IMG_1108.jpg



ここには宿のスタッフがいないので来たらココに電話してって書いてありました。
電話を持っていないのでどうしようと思ったら前の家の人が出てきて電話してくれました!

ありがとう!

IMG_1103.jpg





荷物を置き街を散策
街の中心タルティーニ広場
IMG_1124.jpg



この広場はピラン出身の作曲家ジュゼッペ・タルティーニが名前の由来です
IMG_1119.jpg



明るいうちにアドリア海を含む街の全景がみたいので、
この街一番の高い建物「聖ユーリ教会」の鐘楼に向かいます

街が小さいので広場からすぐ着きます!
IMG_1130.jpg





中に入っていつ崩れてもおかしくない年代物の階段を上がって行きます!
IMG_1147.jpg




みんなオレンジの屋根でキレイ!
IMG_1132.jpg


キレイなんだけど天気がイマイチなんだよね~
IMG_1136.jpg







更に上って
めちゃくちゃいい感じ♬

ホントに小さな街だなぁと感じるサイズです

カワイイ街並みです
IMG_1153.jpg




ジオラマ風に撮ってみた
テーマパークみたいになった!

IMG_1162.jpg




夢中になって写真を撮ってたらいきなり間近で鐘が鳴ったからマジびっくりした!
IMG_1170.jpg
夜景が撮りたいから暗くなったらまた来ようとしたけど17時で終わりだよって、言われちょいと残念。
なので夜は城壁に行こうっと!






暗くなるまで街歩き
IMG_1176.jpg






IMG_1190.jpg





IMG_1186.jpg





IMG_1198.jpg





IMG_1196.jpg







海岸沿いにはオシャレなレストランがたくさん
IMG_1206.jpg






IMG_1209_201310190629435fc.jpg




こんないい感じの雰囲気でキレイな景色、
オシャレなレストランがあると

やっぱりこうなるよね!!

IMG_1218_20131018053547e8b.jpg



仲の良い熟年夫婦
IMG_1219_20131018053638abf.jpg
やっぱりこういうトコは恋人同士で来たいね!







気分を変えて城壁へ
IMG_1224.jpg



オレンジの夕陽が射すのを期待していたけど天気がイマイチなのであまりテンションが上がらない!

もうこうなったら夜景に期待だね!
IMG_1235.jpg





暗くなるのを待って. . . . . . .









待って. . . . . . .











待って. . . . . . . .













広場の辺以外はほとんど灯りがないんだけど!
城壁の上で2時間は待ったよ(泣)
IMG_1275.jpg





IMG_1291.jpg



まだまだ日本人には知名度の低い小さな小さな街だけど、とってもオススメなトコです。
雰囲気、街並み、コンパクトさがいい。そのうち絶対人気スポットになりそう!
日本人は一人も会いませんでした。中国人はいっぱいいたけどね!


| スロベニア | 17:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リュブリャナの青空マーケットはめっちゃ楽しい♪

今日はスロベニアの首都リュブリャナをとりあえず目指し電車で移動します。

チケットは前日ザグレブ駅で購入し17€でした。

しっかり国境らしき駅で電車が止まりパスポートコントロールが来て両国の出入国のスタンプが押されました

約2時間半くらいでリュブリャナに到着。

早速バスターミナルへ行き、行きたかったアドリア海に面した街ピランへのバスチケットをゲット。

直行がなかったので途中のコペルという街で乗り換え便のを買いました

リュブリャナ中央駅の前がバスターミナルになっています。

リュブリャナ→コペル 13€(約¥1732)





バスの出発まで時間が多少あるので駅のコインロッカーにバックパックを預け(3€)市内を散策。




セントロに向かって歩いていくと
幼稚園児の登校なのかな!?めっちゃカワイイの発見!
朝から心和むのを見れた♪
IMG_0990.jpg




この街の看板にもなっている ”竜の橋 ”
IMG_0997.jpg




IMG_0989.jpg





さらに進むと蚤の市&青空マーケットが!!

やっと青空マーケットに来れた!ザグレブでもドブロブニクでもサラエボでも時間が合わず行けなかったので嬉しい
IMG_0999.jpg




地元民の台所、青空マーケット

とってもたくさんの人で賑わっていて活気があります
IMG_1005.jpg




新鮮な野菜や果物が所狭しとたくさん並んでいます
IMG_1010.jpg


見たことない野菜がいっぱいなので、すごく興味があります
IMG_1012_2013101604302593a.jpg



IMG_1008.jpg



IMG_1004_20131016043743cac.jpg



IMG_1440.jpg


スゲー楽しい!!
IMG_1442.jpg



更に奥に進むと今度はお花屋さんコーナーです
キレイなお花がいっぱい売られています
IMG_1023.jpg


見ていて温かくほのぼのします
IMG_1443.jpg




次はキノココーナーです。
ここがヤバイ!!
テンションがめちゃくちゃ上がる♪


高級キノコのポルチーニがっ. . . . . . IMG_1030.jpg


ポルチーニがっ. . . . . .IMG_1034.jpg


めっちゃ安い♥
日本で買う1/10くらいの値段!

しかもこんなフレッシュでキレイなポルチーニは見たことなかった。
日本でフレッシュ買っても当然だけどこんなに新鮮じゃないし状態が悪い物ばかりだしね!

予約したホステルはキッチンが無しなんだよなぁ~
あれば買っていきたかった(泣)

ジロール茸もめっちゃ安い!
IMG_1080.jpg



キノコ屋さんのお姉さんもカワイイ♪
IMG_1082.jpg





IMG_1051.jpg





屋台の窯焼きピザ屋さん
IMG_1451.jpg


美味しい~
IMG_1460_20131016050703dd8.jpg



猪とトナカイのサラミ屋さん
IMG_1449.jpg






変な銅像もたくさん!
IMG_1076.jpg


IMG_1071.jpg


IMG_1065.jpg



IMG_1041.jpg





最近できた恋愛成就の橋

ありがちな感じですがみんな鍵を掛けて恋愛成就を願います
IMG_1074.jpg



ザグレブでは失恋博物館に行って
今回は恋愛成就なのでこれで+-0ですね!?

掛ける鍵がバックパックのしかなかったのでとりあえず1個付けてみました(笑)
IMG_1075.jpg



朝から元気いっぱいな路上演奏のおっちゃんたちもいっぱい!
IMG_1047.jpg


IMG_1057_20131016051943fec.jpg




お土産屋さんもめっちゃいい!!
IMG_1046.jpg

ガラス細工がカワイイ♫
IMG_1461.jpg








時間がなくなってきたので最後にケーブルカーに乗ってリュブリャナ城から市内を一望
IMG_1085.jpg



うーん。これは微妙
IMG_1089.jpg




リュブリャナはめちゃくちゃ楽しい後でもう一回来よう♪
IMG_1088.jpg

| スロベニア | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

首都サラエボで見た景色

今日はモスタルから首都サラエボに向かいます!
IMG_0793.jpg


モスタル→サラエボ 20マルカ(約¥1365) 約2時間40分



IMG_0971.jpg





サラエボに着き、いきなりジプシーらしき物乞いが多い。
今までは全然いなかったので、何だか治安が悪いというか貧富の差があるのだろう。

サラエボまで来るバスで日本人っぽい旅行者が一人でいて話したら日本人大学生で、今日の予定は決まっていないとのことなので一緒にサラエボを周る事に!

いつも思うんですが、海外だと日本人だと思ったら韓国人や中国人ってことがよくあります。

まぁおっちゃんやおばちゃんだといかにもって服装しているので分かりやすいんですがね(笑)


お互い旧市街の近くに宿を予約してあるのでそこまでトラムで行くことに!





まぁ街中にレトロな年代物のトラムが走ってます。
IMG_0808.jpg



IMG_0846_2013101403303523b.jpg




トラムの中でジプシーらしきガキがスリしてこようとするし、

学生らしき若者たちに「チャイナ!チャイナ!」、「ジャパニーズ!ジャパニーズ!」、「ニイハオ!」
ってしつこく大声で小馬鹿にされるわ、ラリった兄ちゃんたちに絡まれるはでサラエボに着いて
早々に気分悪いし印象が悪い。



お互い一旦荷物を置きに宿へ行き、旧市街の中心地バシチャルシャで再度集合する事に。




セビリと呼ばれる水飲み場。
IMG_0800_201310140402321e0.jpg





IMG_0797_20131014034706bd0.jpg




旧市街のバシチャルシャはオリエンタルな雰囲気がとてもいい感じです。
IMG_0822.jpg



IMG_0806.jpg


IMG_0825.jpg










ここサラエボ博物館の前で歴史的事件が起こりました。IMG_0895.jpg



IMG_0898_201310140407043ba.jpg



IMG_0812.jpg




ラテン橋
ここでオーストリア皇太子夫妻がセルビア人青年に殺され、
それがきっかけで第一次世界大戦が勃発になりました

IMG_0819.jpg










街中いたるところに紛争の爪痕が
IMG_0849.jpg




おびただしい銃弾の跡
IMG_0852.jpg



補修が生々しい
IMG_0868.jpg






紛争中も唯一営業していたホリデーイン
世界中のカメラマンやジャーナリストが利用していました。
IMG_0863.jpg




ホリデーインの前の通りを通称”スナイパー通り”と呼ばれ、紛争中はセルビア軍に動くものは全て標的になり老若男女問わず多くの人が犠牲になりました。
IMG_0866.jpg



街の道路で見られる「サラエボのバラ」と呼ばれるこの赤いの
IMG_0875.jpg
砲弾によって死者を出した跡を、赤い樹脂のようなもので埋めたらしい!




よく街中で見かけたスプレーアートのような人の顔。
結局なんだかわからなかった
IMG_0869.jpg





サラエボオリンピックの時の聖火
IMG_0837_20131014044144037.jpg




バシチャルシャ周辺には各宗教施設が共存しておりみな徒歩10分以内と近い位置にあります。
ホントに多民族国家だということを実感させられます


イスラム教のモスク
IMG_0807.jpg


カトリック大聖堂
IMG_0832.jpg


ユダヤのシナゴーグ
IMG_0905_20131014044736817.jpg



教会の近くでイスラムのアザーンが聞こえて来るのが不思議な感じである。

サラエボ市民には日常の事なんだろうけど
IMG_0937.jpg




IMG_0945.jpg




IMG_0954.jpg



地元のスーパーでちょっと寄り道

スーパーは何となく地元の人の食生活がわかるので大好きです!
IMG_0919_201310140454397a5.jpg



IMG_0916_20131014045509096.jpg



日本でもこういうボリュームでチーズやフレッシュなお肉が買えるといいのになぁ
IMG_0922_20131014045540ca1.jpg



バシチャルシャを北に登るとたくさんの白いお墓が
IMG_0961.jpg


IMG_0958.jpg




本日の宿
バシチャルシャから300mくらいで立地はいいんだけどコスパが悪い。
wifiは普通に繋がる、いかんせんボロイ!
Hostel Hayat シングル30€
IMG_0970.jpg




ボスニア2都市を周って歴史的な事にも少し目を向けられたし、紛争の爪痕は正直引くけど
結果楽しめたし来れてよかったと思います。

ボスニアの人は皆優しいけど、治安が悪いのもまた事実。
貧富の差もあるように見えるし、これはボスニアに限って言えることではないけど満足に教育が受けられていないから職につけないという現実がスリや物乞いになってしまうのだろう。
ボスニアが本当の意味で復興が果たせるのはまだまだ時間がかかりそうな感じである

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 03:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

街の人気もの”スターリ・モスト”

ここモスタルの一番の見所スターリ・モストへ行ってきます。



宿から徒歩10分くらいでバザールのような雰囲気のよい土産物屋さんやレストランなどがたくさんみえてきました。
こういう雰囲気はとっても好きです。
IMG_0553.jpg



観光客でとっても賑わっています。
IMG_0555.jpg



目的のスターリ・モストと呼ばれる橋へ向かいます、

でもその前に美味しそうだったのでついつい寄り道o(^▽^)o
IMG_0569.jpg




さて本題へ
IMG_0571.jpg



この橋めっちゃツルツル滑ります!
IMG_0577.jpg


スターリ・モストは紛争中の1993年に破壊されユネスコの協力で復元されたのが2004年になってからだそうです。世界遺産にも登録されています。

橋の入り口にこんなものが!
IMG_0576.jpg



橋は結構な高さなんですが地元の人は度胸試しでこの橋から飛び込むらしい!



ちょうど飛び込む女性がいた!
IMG_0583.jpg

ちょっっ!!すごっ!!
IMG_0584.jpg


IMG_0585.jpg


IMG_0586.jpg
ヒョエエエーーーー!!

飛び込んでから着水までが長い!!
しかも腹から落ちてるしめちゃくちゃ痛そう。
IMG_0590.jpg






早々おもしろいのが見れた♪
こんなの怖くて絶対オレならできないけどね。









街はこのネレトヴァ川を挟んで東側はムスリム人、西側はクロアチア人と住み分けがされています。
IMG_0605.jpg



IMG_0609.jpg



IMG_0613.jpg




このモスクの塔が昇れるので眺めががとても良さそうなのでいってみることに
IMG_0615.jpg



この螺旋階段歩幅がめっちゃ狭いので上り下りしづらい!
IMG_0670.jpg





でも上からの眺めは最高!!

とってもいい感じ♪
IMG_0656_201310100604157aa.jpg



IMG_0625.jpg


何がと言われると根拠はないんだけど”THE東欧”を感じます!
IMG_0636.jpg





IMG_0678.jpg




IMG_0688.jp






お腹がすいて何か食べようかなぁ~って思ってたら、民族衣装着たキレイなお姉さん客引きする
ボスニア料理のレストランについつい行っちゃったs(・`ヘ´・;)ゞ
IMG_0699.jpg



オススメを食べたが、
うーーん微妙。
IMG_0703.jpg




食後のボスニアコーヒー。
飲み方を聞いたら最初にカップに入っている菓子を食べて(ドライフルーツの様な食感でめちゃくちゃ甘い)
カップに砂糖を入れコーヒーを注いで飲むらしい。

美味しい♪
美味しいから2杯飲んじゃいました。量が少ないってのもあるけど。
IMG_0707.jpg





街歩き
IMG_0723.jpg



IMG_0738.jpg



IMG_0728.jpg



IMG_0730.jpg





一旦宿に戻って、夜はスターリ・モストがライトアップされているとの事なので暗くなってからまた行ってみることに!
IMG_0783.jpg




暗くなったら同じトコでも違った街のように感じます。
IMG_0754.jpg



IMG_0784.jpg




IMG_0782.jpg



ん~ん何だか微妙だなぁ!
IMG_0756.jpg

ライトアップはきれいはきれいなんだけど個人的には微妙なので早々退散することに。

途中ターミナルで会った韓国人ツーリストにまた会ったので一緒にご飯食べようってなったので飲んで食べてで本日は終了です。まぁ楽しい時間が過ごせました!
やっぱり旅での出会いって最高だね。

ツアー旅行では味わえない個人旅行の醍醐味だね。





やっぱりスターリ・モストは昼間のこっちの方が好きだなぁ!
IMG_0662_2013101006402885a.jpg

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビビってボスニア

こんにちは^^

今日はドブロブニクからボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルという街に向かいます。
正直治安が悪そうだし怖そう。
ドブロブニク→モスタル110.5Kn+荷物代8Kn(約¥1900+荷物代¥140)
IMG_0533.jpg





ドブロブニクを出発してアドリア海を横目に進みます。
IMG_0536.jpg



途中2回休憩があったんだけど1回目の時に休憩15分と言われたんだけど、トイレがめっちゃ混んでいて
時間オーバーしちゃったんだよね
欧米人なんか絶対時間に来てないと思ったのにバスの乗客はみんな乗っていてオレ待ちになっていて、2回目の休憩の時なんかみんなに「15分だからね!」
って釘を刺されました!
ゴメンなさいーーーーーー!







IMG_0547.jpg


3時間半くらいでモスタルのターミナルに到着。
バスを降りるとすぐに宿の客引きがウザイくらいたくさん来る。
ドブロブニクのターミナルで話した韓国人ツリーストもいて「宿決めた?」って聞かれて
、「予約してあるから大丈夫だよ!」って言って別れました。
その子もめっちゃしつこく宿の客引きされてたけどね。


まずはボスニア通貨を両替しないとと思って、探したけど両替所が見つからなくてバスターミナルの中にあるINFO的なトコで聞いたらココで出来ると!&バスチケットも買えるのでついでにサラエボ行きのチケットも買っときました。
モスタル→サラエボ20KM(約¥1345)
IMG_0546.jpg




宿を探し歩いていると地図を見てるからなのか街行く人が結構みな優しくて「May I help you?」って親切に何人も話し掛て来て場所を教えてくれました。
何だかみんな優しいぞ!
警戒して歩いていたけど大丈夫そう!!
自分が勝手に冷たそうと思っていたボスニアの印象が変わりました。




結果みな場所間違ってたけどねヽ(・∀・)ノ




ボスニアは多民族が混在している多民族国家なので街中からイスラムのアザーンも流れて来ます。
何だかとても懐かしく感じます。
アザーンのボリュームも中東と違って爆音で流れているのではなく申し訳なさそうな感じの控えめなボリューム
で流れていました。
これなら朝っぱらからアザーンで起こされることは無さそう♫







宿に向かう途中も紛争時に破壊されたであろう建物や
おびただしい銃弾の跡がたくさん!


何とも言えない気分。
IMG_0718.jpg




IMG_0734.jpg



ここモスタルも首都のサラエボに次いで被害が大きかった街の一つです。
IMG_0550.jpg









バスターミナルから歩いて30~40分で予約したB&Bに到着。
IMG_0741.jpg


B&Bって書いてないからしばらく宿の周りを行ったり来たりしちゃったよ!
初めてだから知らないけどB&Bってそういうものなのかな!?




今日の部屋
シングル24€美味しい朝食付きでした。
wifiも速かったし観光名所のスターリモストまで徒歩10分くらいの立地で快適でした。
でも夜がめっちゃ寒かった。
IMG_0549.jpg



さぁてこの街の見所に行きますか!!

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボスニア・ヘルツェゴビナって国

こんにちは。

みなさん、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」って国はどんなイメージがありますか!?

僕は詳しくはわからないけど紛争の印象が強いのとオリンピックくらいですかね。あとはサッカーの元日本代表監督オシムの出身だね。

正直、戦争はとっくに終わっているけど東欧ってこともあり治安が悪そう、人が冷たそう、街は閑散としてそうとか僕の勝手な先入観でそんなイメージしかなかったです!

なら行くなよ!って話になるけど来てみたかったんです。


まずは1992年から1995年まで続いた、「ボスニア戦争」

その前に少し旧ユーゴスラビアの事を. . . . . . . 。

ユーゴはストイコビッチがいた国でサッカーが強かった国だね!

ユーゴは6つの共和国で構成されていました。
・マケドニア ・セルビア ・モンテネグロ ・クロアチア 
・スロベニア ・ボスニア

8762d1ecd030b4e00ac0051e7673789b[1]


今はみな独立しているけど当時はこの国らをまとめて「ユーゴスラビア」って言ってたんだよね。

5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字これがユーゴスラビア。

いわゆる多民族国家。

この多民族国家をチトーという指導者がうまくまとめていて比較的仲良くやっていたんです。

こんなにたくさんの民族、違う宗教をまとめていたんだからすごい!
今じゃ考えられなよね!?



しかしチトーの死後ユーゴは混乱してソ連等の民主化の流れに乗り共産体制をやめる流れになります。
そのあたりから、民族主義、分裂主義、多民族排除という思想が強くなっていきます。
「自分たちで自分たちの国をつくる」みたいな


そしてセルビアがコソボ自治州の併合を強行しようとすると猛反発し、90年に独立を宣言し、これをきっかけに
ユーゴスラビア国内が泥沼の内戦状態になっていったのです。

これがユーゴスラビアが分裂していく
「ユーゴスラビア紛争」です。


そこから各共和国が独立を目指し、その中の一つのボスニアも1992年に独立を宣言し、そこから「ボスニア戦争」が始まっていったのです。


ボスニアには3つの民族が共存していて
・ボシュニャク人

・セルビア人

・クロアチア人


この3つの民族同士で争ったのが「ボスニア戦争」。




そして約3年半続いた激しい紛争もNATOの介入で停戦に。
この3年半の紛争で死者20万人。
難民200万人、そして民族浄化と呼ばれる(大量虐殺、レイプ、強制出産)というのがたくさん行われました。
数多くの一般市民も犠牲になっています。


今回のボスニアの旅は
この紛争で一番激しい戦場となった首都サラエボとモスタルの2都市を周る予定です。



だいぶ省略しましたが、まだまだ勉強不足な為伝わりづらいですが、この国に来るのにあたり少し歴史に触れようと思いました。


暗くなるのではなく少しでも歴史を感じながらこの国を満喫したいと思います。

| ボスニア・ヘルツェゴビナ | 05:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドブロブニクでゴスペルコンサート♫

おはようございます。

これからまたドブロブニクに移動します。

朝一で帰る必要もないのですが、次が午後便しかないのでの何となく朝一を選んじゃいました。
IMG_0422.jpg



IMG_0424.jpg





コトルからドブロブニクは近いので移動は全然苦じゃないです。

もっと便数があればいいのになぁ~と思います。






やっぱり旧市街はキレイ

絵葉書みたいな景色!
IMG_0449.jpg




IMG_0462.jpg



バスターミナルから自分のホテルまで行くのにバスで向かうのですが、1回旧市街のトコで乗り換えるのですが

旧市街にまた行こうって観光意欲が全然湧かない!!

初日に散々歩き回ったせいか不思議とホテルへ直行。
IMG_0463.jpg




ホテルでネットしたり洗濯したりとダラダラしていたのですが暗くなってきて、

せっかくだからまた行こうと気持ちになりやっと重い腰が持ち上がりました。


もはや歩いて行くつもりはもちろん無くバスに乗り5分くらいで到着。
IMG_0465.jpg




まぁ昼でも夜でも人がとにかく多い。
IMG_0467.jpg





ジェラートが美味しそうなので食べてみよ!
ショーケースの中のジェラートが日本と違って盛り盛りである。
IMG_0470.jpg




うまっ!
IMG_0472.jpg





IMG_0474.jpg



IMG_0481.jpg




IMG_0493.jpg




何だか早くも飽きてきた. . . . . . . 。

楽しいのは楽しいし、街並みもとってもキレイなんだけど全然テンションが上がらない. . . . . 。

もういいやって気になってきちゃった。

ダメだねこの飽きっぽい性格。

帰ろうと思ったら人が集まっているトコがあり何だか聞いてみるとこれからゴスペルのコンサートがあると!
することもないし、もう帰るだけだったので面白半分で行ってみました。



ミュージカルでもしそうな会場でしかも青空コンサート。
IMG_0498.jpg



始まって最初に司会者みたいな人が本日のプログラム的なのを説明いましたが

何言ってるかサッパリ分からなっかたです。

若い人はいなくて50代以上のおっちゃん、おばちゃんがほとんどで会場は超満員です!

みんな正装で来てるしなんか場違いな雰囲気を感じます。
だってTシャツ、ハーフパンツ、サンダルは俺だけだし(汗)
IMG_0506.jpg



いよいよスタートです。
IMG_0499.jpg




IMG_0508.jpg






当たり前だけどめっちゃ上手い!

みんなスタンディングオベーションだし、
生でブラボーって初めて聞いたよ!












何だかんだで結構楽しめたかなぁ♪
来てよかった!

IMG_0515.jpg





IMG_0466.jpg
毎日移動ばかりだけど、明日はボスニアの
”モスタル”を目指します!

| クロアチア | 05:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リアル・ドラクエの街コトル

今日はドブロブニクからモンテネグロのコトルへ行ってみます。

コトルの移動はバスで向かいます。
チケットは前日にターミナルで購入し145.3kn(約¥2519)+荷物代10Kn(約¥170)

時刻表を見る限りコトルまでは、10:00、11:00、15:00、20:30と4本ありました。
僕は10:00発を選びました。
IMG_0187.jpg
結構キレイなバスです。





ドブロブニクを出発してから1時間くらいでモンテネグロとの国境に着きました。
IMG_0196.jpg

イミグレの人がバスに来て乗客のパスポートを預かって行き。
スタンプを押してくれ返却してくれてあっさり終了。
乗っているだけだったので実に楽でいい!





僕はバス左側の席に乗ったのですが、コトルへ行く時は右側に乗ったほうが絶対にいいですよ!

アドリア海沿いにバスは走っていくので右側の方がキレイな景色を見ながら行けますよ。




2時間半くらいでコトルのバスターミナルに到着。
早速、予約してある旧市街のホステルへ
IMG_0199_201310060510432ae.jpg


バスターミナルからコトルの旧市街はとても近いです。





さっそく荷物を置き、天気もいいし旧市街散策は後にしてコトルへ来た1番の目的の城壁を登ります。



城壁の上り口はあちこちにいくつもあります。城壁入場料3€
モンテネグロはEUに加盟していないのですが自国通貨がない為ユーロを自国通貨としています。
なんか合理的というかちゃっかりしているというか面白い。
IMG_0211.jpg






コトルの旧市街もドブロブニクによく似ていて細い迷路みたいな道がいくつも入り組んでいます。


ドブロブニク同様、旧市街は世界遺産なのに生活感たっぷり!
IMG_0324.jpg



生活感のある芸術家
IMG_0323.jpg




のんびり坂道を上がっていくと、
IMG_0216_20131006063658754.jpg





いきなり絶景!IMG_0218.jpg






スゴッ!
IMG_0219.jpg





まじスゲー!!
ジオラマ風で撮ってみた(最近のマイブーム)
IMG_1515.jpg
とってもメルヘンな感じになった♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦




すぐ景色が見渡せるし上に登れば登るほど景色がよくなっていくので登っていくのがとても楽しい!
IMG_0228.jpg





1時間くらい歩いて頂上に到着。
IMG_0313.jpg





IMG_0292.jpg





アドリア海からの深い入り江になっているエメラルドグリーンのコトル湾と青い空、旧市街の三角地帯が
まぁ素敵!

まさに絶景!!!
IMG_0301.jpg





IMG_0281.jpg






IMG_0264.jpg





IMG_1514.jpg






マジすごいっしょ!!!


IMG_0315.jpg


これを、これを見たくてモンテネグロにきたんだから!


帰りもゆっくりこの景色を満喫しながら下りました。
日本人は全く会わなかったなぁ~!
ほぼ欧米人観光客ばかりでした、みんな上半身は男は裸、女性はビキニで上っているひとが多かったです!




旧市街はドブロブニクより更に小さく1時間もあれば見て回れるほどのコンパクトさであり、
街並みもまさに”リアル・ドラクエ”です!
IMG_0327.jpg




IMG_0326.jpg
ただぷらぷら歩いているだけで冒険している気分で楽しいです。




IMG_0341.jpg





聖ルカ教会
IMG_0333.jpg



IMG_0335.jpg


IMG_0338.jpg



人気のホステル。ここに泊まりたかったけど満室だめだった。
IMG_0413.jpg



ビーチがきれいでとてもいいらしいのでブドヴァに行こうと思ってたけど面倒臭くなったので行かなかった。
今おもえば行けばよかったなぁ~(泣)

お腹もすいたので久々にレストランで食事
地球の歩き方にも乗っているこのレストラン。
IMG_0380.jpg


IMG_0374.jpg




めっちゃくちゃ美味いけど高い(泣)
調子に乗って頼みまくって飲みまくっちゃった!
IMG_0377.jpg



モンテネグロは結局コトルだけだったけど楽しかったなぁ。


とにかくコトルはとってもオススメです。

まだまだ日本人にはマイナーですがこれからとても人気になる街だとおもいます。
ドブロブニクから日帰りでも来れますし、この辺りに来られたらもう少し足をのばしてコトルへ来てみるのも悪くないですよ!

| モンテネグロ | 05:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅の豚を目指して♪

ケーブルカーに乗ってスルジ山から旧市街を上から楽しみたいと思います。



その前に歩き疲れたのでアイスを食べてちょいと休憩。

カラフルで美味しそうなんだけどチューインガムみたいな味で微妙。。。。。。
IMG_0024_201310050505477e0.jpg








IMG_0025.jpg



ケーブルカーの乗り場は旧市街の入口のすぐそばにあります。

スルジ山までのケーブルカー代往復で94Kn(約¥1628)

さぁっ!行ってみよう🎶
IMG_0027.jpg










どんどん昇って行くにつれテンションが上がる
IMG_0032.jpg





スゲーキレイ!!
IMG_0045.jpg





ステキすぎる!!
IMG_0054.jpg




陽が徐々に沈んでオレンジの屋根がよりオレンジ色が強くなっていきます。
IMG_0061.jpg







でも、こういう角度の写真が撮りたいんだよね!
o0720054011746033737[1]




なので山の上からベストポジションを探しならあちこち歩いてみると


何となく近い感じの場所になったかなぁ!?
IMG_0074.jpg




諸説はありますがここドブロブニクが
「魔女の宅急便」、「紅の豚」のモデルになったと言われています。
IMG_0061_20131005055636219.jpg




たしかにそれっぽい!IMG_0089.jpg




どんどん歩きながら山を下りてくると、

結構急な坂道だしもうケーブルカー乗り場まで戻るのが面倒になりそのまま下山することに!
この道が果てしなく続く. . . . .
IMG_0085.jpg





歩いて下りてきて正解でした!

旧市街がとってもいい感じ。

この景色が見たかったんだ~!!

写真はイマイチだけど。
IMG_0086.jpg






アドリア海に沈む夕日はホントにきれい!

見とれていたら、あっという間に真っ暗に

IMG_0095.jpg







ヤベッ!!まだ山ん中なんだけどーーーーーー!!








旧市街までまだ果てしなく遠い







しばらく歩いて山は下りられ一般道に出られたんだけど

歩道が無いんだけどーーーーー!!!
IMG_0150.jpg





車は猛スピードで走っているしマジ轢かれるかと思った!






まぁなんとか旧市街に着いた!

かれこれ3時間は歩いていると思う。明らかに今日は歩き過ぎ!





汗臭いし体からだいぶ酸味を発しているので
早くシャワー浴びてビール飲みたい!

IMG_0186.jpg








あっ. . . . .
忘れてたけど、ここに来たらやっぱりコレはやらないとね。

「飛ばないブタはただのブタだ!」

IMG_0104のコピー





次はコトルへ向かいます。

| クロアチア | 05:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。