2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

短時間でブエノスアイレスをハイライト

いよいよ日本に帰る日だ。
今年は長めに休みをとったが、終わってしまえば結局あっという間の旅行だった。


夕方には空港に行かなければならないので、もう最終日だし面倒なのでタクシーで周る事に。


まずはボカ地区のボカジュニアーズのホームスタジアムへ!ボカジュニアーズはかつては
アルゼンチンの英雄マラドーナも在籍していた名門チームです。
IMG_7805.jpg



若かりし頃のマラドーナ像の前で記念撮影。
IMG_7808.jpg




日本のスタジアムと違ってピッチ外にスペースが無いためか凄くグラウンドが狭く感じます。
IMG_7827.jpg
時間があったらサッカー観戦したかったなぁ!






<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ボカ地区
北に港が出来るまで、ここボカ地区は、アルゼンチン随一の港として栄えた。
ヨーロッパからの移民が最初に踏み入れる土地だった。
この“河口”という意味の“ラ・ボカ”という港町は、毎日船乗り達で賑わった。
あの有名な、官能的なダンスのタンゴはこの町にあった小さなバーから生まれたのだ。
この地区の“カミニート”と呼ばれる場所には、カラフルでポップな家々が並んでいるが、
こちらはボカ生まれで生涯この地を愛し続けた画家、キンケラ・マルティンが手掛けたものである。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<



すぐとなりのカミニート。僕は車で行ったから何ともないがガイドブックとかに書いてある
ようにボカ地区はすぐ近くにスラムもあるし本当に治安が悪そうです。



カミニート、ここはカラフルな町並みでとってもポップです。
タンゴ発祥の地でもあります。
IMG_7855.jpg




IMG_7878.jpg




IMG_7871.jpg




IMG_7869.jpg




街中のレストラン前などでタンゴを踊っている人達がたくさんいました。

ただ見ているだけだがレストランなどの客引きがウザイ!

変な下ネタを日本語で言いながら話しかけてくる。まったく誰が教えるのか.....。


ボカ地区楽しいです。




次いでホワイトハウスならぬアルゼンチンの大統領府ピンクハウス、カサ・ロサーダ
IMG_7927.jpg



何ていう建物か忘れちゃった
IMG_7940.jpg




IMG_7943.jpg




IMG_7952.jpg



7月9日大通り
世界一幅が広い道路で16車線くらいあります。
IMG_7963.jpg




レコレータ地区にあるレコレータ墓地
高級住宅地街にあるこの地は墓地なのに観光名所になってます。
アルゼンチンは墓のある場所によって階級を評価されるらしく、
死んでも皆高級な土地で永眠をとりたいみたい。
IMG_7976.jpg

中はとても広く観光客もたくさんいました。
高級墓地だけの事はありみんな立派なお墓です。歴代大統領や有名人の墓も多いらしい。
が、やはり人の墓をみてもちっとも楽しくないのですぐさま退散しました。
IMG_7992.jpg



そろそろいい時間になってきたので最後にサン・ニコラ地区にある。
有名な本屋さんEl Ateneo
IMG_7996.jpg




ここは世界で2番目に美しいと言われている本屋さんで元劇場だったらしい。
ちなみに1番はオランダにあるらしい。
IMG_8000.jpg


IMG_8034.jpg


\IMG_8036.jpg


ビックリタモリかと思った
IMG_8051.jpg


美しい本屋さんは本の陳列もオシャレ
IMG_8048.jpg



IMG_8049.jpg







今回本当に楽しかったアルゼンチン。また来れたらいいな
IMG_7056.jpg




IMG_7554.jpg



IMG_7792.jpg




ホントに楽しかった~!
png
スポンサーサイト

| アルゼンチン | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウシュアイアでヒマを満喫!

一旦宿に帰ったら、カラファテでフライトキャンセルになった時にスペイン語を
英語に訳して色々教えてくれたサンパウロからのツーリスト、フェルナンドが
偶然にも同じ宿にチェックインしてました。

こんな偶然ってあるんだ!?
とても嬉しい!
IMG_7745.jpg
夜に一緒に遊ぶ約束して僕はまた街をぷらぷら。




まずは昨日行けなかったセントロのSan Martin通りにあるツーリストインフォメーション
ウシュアイアではここで最南端の街へ訪れた証明書を発行してくれます。
IMG_7762.jpg



ゲットしました!
IMG_7504.jpg






次に、ビーグル水道のツアーガイドに世界果て博物館がオススメだよと言っていたので行ってみたが、
まさかの

改修工事中でやってなかった。





なので近くの元監獄と船舶博物館へ
IMG_7651.jpg



ここは海軍基地の敷地内にあり元監獄を博物館として一般公開しています。

いわば世界最南端の刑務所です。

ヤマナ族の当時の生活模様も少し展示されていました。
IMG_7654.jpg



IMG_7655.jpg



中は結構広く囚人部屋も数多く一人部屋から大部屋までいろいろありました。
IMG_7686.jpg



IMG_7659.jpg



IMG_7672.jpg
ここには一般的な犯罪者や政治犯が、多いときには600人以上いたという。

こういう刑務所や監獄後に入ったのは初めてだと思う。日本でもない経験です。

でも負の遺産なわけでもないので特に沈んだ気持ちになる訳でもなく、

観光客が多すぎと、ただただ普通な感想である。




上から看守人形が見張ってます。
IMG_7670.jpg



いろいろ展示物に説明が書いてあるがスペイン語なのでまったく意味が分からないので
写真などを見るだけです。
IMG_7671.jpg



IMG_7676.jpg



IMG_7663.jpg




次にFlag Treeと呼ばれる斜めの木に行きたかったけど一人だとあまり楽しめなそうなので氷河がある
山の方面を選択。

自転車でもあればいいのだが歩いて行ける距離ではなさそうなので結局移動が遠いと

タクシーになってしまう。


セントロからタクシーで30分くらい山を登ったとこにリフト乗り場がありスキーをするわけでもないが

とりあえず乗ってみることに
IMG_7697.jpg




寒いけどとても気持ちがよくゆっくりと登っていきます。
IMG_7701.jpg




ここから1~2km歩くと氷河があるよ、とリフト乗り場のおっちゃんから言われるがタクシーを
待たせてあるので小さい話だが料金の方が気になるのでここで戻る事に。
IMG_7714.jpg



また上からのビーグル水道の眺めも最高です。
IMG_7728.jpg








ウシュアイアは今日が最終日。いつかまた来たい!
とにかく最高です!
IMG_7787.jpg



IMG_7789.jpg








| アルゼンチン | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イカしたセンスのヤマナ族

パタゴニアにはパタ=足 ゴン=大きい
という先住民族がいました。

今は全て絶滅していますが末裔の人が数人いるとかいないとか!?

木々が曲がるほどの強風が一年中吹き、夏でも平均気温7℃前後、冬には氷点下20℃以下になる事もある冷涼な土地がこの最果ての地です。

こんな極寒の地で服着ずに裸で過ごす裸族がヤマナ族です。


なぜこんな厳しい環境下で彼らは裸同然な格好なんでしょう?

IMG_7486.jpg


ヤマナ族は狩猟採集を生業とする民族でした。
彼らはアザラシ等の海洋ほ乳類を狩り、貝やウニなどを採集して暮らしていたようです。
主に狩りは男性の、採集は女性や子供の仕事とされ、特に女性は冬でも裸で海に潜って
ウニなどをとっていたそうです。
IMG_7476.jpg



あのダーウィンもこう記述しています。

「岸に向かった時、我々は6人のフエゴ人たちの乗るカヌーと隣合った。

私はこれほどみじめな者たちを見たことがない。

成長が妨げられ、そのひどい顔は白い塗料で汚れている。

そしてほとんど裸なのだ。

ひとりの年老いた女も同様の格好をしていた。

(中略)··· このような人々を見ると、

彼らが同じ世界に住む仲間であるとはほとんど信じられない。」

                      (チャールズ·ダーウィン ビーグル号航海記)




16世紀以降彼らを哀れに思ったヨーロッパ人たちが服を着る事を教えます。
しかし、ヤマナ族の格好は雨の多い、風の強い冷涼なこの土地に最も適した格好だったのです。
彼らは、寒く風のある状況では、濡れた衣服を身に纏っていることは命取りになること、そして、人間の身体は火のそばにある時、服を着ているよりも裸の方が早く暖まることをよく知っていたのです。
彼らは雨が降ると素早く毛皮を脱いで仕舞い、裸の身体を雨に打たせるままにしました。
そして、体温が低下する前に素早く火を起こし、身体を暖めていたのです。

寒いから服を着るではなく、寒いから服を脱ぐのです。
jpg


また、彼らは獣の脂と特殊な染料で作ったグリスを全身にくまなく塗っていました。
この特殊なグリスが、彼らの衣服的な役目を果たし寒さや雨風から守ったり
海の中でも防水、保温的な効果があったと言われています。
IMG_7477.jpg






そんな彼らの本気モードの格好が
宇宙的イカしたセンスのコスチューム
です。


成人式の格好!
jpg

jpg

jpg

なんとも言えぬハイセンス!

まるでウルトラマンです!






彼ら住居はこんな感じだったようです。
IMG_7485.jpg

IMG_7478.jpg


実際はこんな場所で生活してたようです。IMG_7591.jpg


IMG_7581.jpg




ここが住居の跡らしい!
IMG_7597.jpg




しかしそんなヤマナ族も衝撃的な最期をむかえます






なぜ、凍える寒さにも負けない身体を持つヤマナ族が絶滅してしまったか!?





それは..........。









服を着たからです!!!!
19世紀以降、ヨーロッパ人たちの入植が本格的になるにつれて、彼らよってもたらされた疫病の流行が大きかったようです。
入植者たちがヤマナの人々に定着させた「洋服の着用という習慣」だったそうです。
衣服を濡らすという経験も、濡れた衣服を乾かすという習慣も、知らなかった彼らは、雨が降ってもすぐに脱ぐことのできない洋服を、濡れたまま乾くまでそのまま着続けていたのです。
また、洗濯というのも知らなかった彼らは、汚れたままの洋服を着続け、衛生状態の悪化も招いていたようです。
これらが、間接的にしろヤマナの人々の間に風邪の大流行し耐性のなかったヤマナの人々が次々と亡くなっていき絶滅したと言われています。
服を着たから絶滅なんて悲しすぎるでしょう!



こんなハイセンスなヤマナ族最高にイケてます
IMG_7475.jpg

| アルゼンチン | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼくの見たかった景色

ビーグル水道ツアーに参加する為、朝ウシュアイア港の桟橋へ向かいます。
朝はさすがに結構寒い。
IMG_7644.jpg



IMG_7650.jp<br />g




小さいログハウス調の小屋全部がツアー会社です。たくさんあります。
でも人がスタッフがいたのは半分くらいでした。
IMG_7649.jpg



TAXを払ってクルーズ船に乗り込みます。
IMG_7511.jpg



めっちゃ楽しみです。船酔いしなければいいなぁ~!
IMG_7513.jpg



船内は結構広く、ドリンク(アルコールも)、軽食がフリーでした。
IMG_7517.jpg




乗客は20人くらいだったのでゆったり座れました。
ライフジャケットなどの安全説明していよいよ出発です。
IMG_7524.jpg





<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
ビーグル水道←詳しくはクリック
簡単に説明すると太平洋と大西洋を結ぶ海峡です。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<



ビーグル水道。この先がドレーク海峡になり南極への玄関になります。
メチャメチャ寒いです。
IMG_7531.jpg





ビーグル水道クルーズです。





オタリアというアシカみたいな動物。すごい鳴き声です。





IMG_7554.jpg





遠くにウシュアイアの街が!まじ絶景です。
IMG_7561.jpg





次いでブリッジ島に上陸します。
IMG_7585.jpg




IMG_7583.jpg



IMG_7584.jpg




この辺りは昔ヤマナ族が住んでたらしいです。
ホントに何も無いところです。ていうかまじっ寒いです!
IMG_7581.jpg





ぼくは...........

世界最南端の,最果ての地の

この、この景色を見たかったんだ!!

IMG_7591.jpg




IMG_7586.jpg





IMG_7594.jpg



確かに何もないのが分かって来ているし、
最果ての雰囲気を味わいに来ているので僕には最高の絶景です。




ペンギンは見られなかったが似た動物で鵜の仲間の海鵜というのがたくさんいました。
IMG_7605.jpg




IMG_7611.jpg



世界最南端の灯台エクレルール灯台です。
IMG_7620.jpg



IMG_7637.jpg
灯台が折り返し地点で港を目指し戻ります。




約2時間前後くらいだったのかなすごい楽しかった。
最後にビーグル水道クルーズした証明証をくれました。
IMG_7643.jpg

| アルゼンチン | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最果ての街”ウシュアイア”

昨日の欠航で今日のフライトに不安があるが、午前に連絡があり昼過ぎに空港への
シャトルバスが迎えに来てくれて無事にウシュアイア行きの飛行機に乗ることが出来ました。

カラファテからは約1時間のフライトでウシュアイアに着きます。
近ずくにつれて段々雪景色になっていきます。

最果てという名にふさわしくも思える光景です。

予想はしていたがめちゃくちゃ寒そう!
IMG_7435.jpg




ウシュアイアの街が見えてきました。
IMG_7438.jpg





空港は雪景色が似合うログハウス調のシンプルな造りです。
IMG_7796.jpg


到着ゲートで預け荷物が出てくるのを待ちます。



しかし





いくら待っても僕のバックパックだけ出てきません!





すぐにカウンターに行きアルゼンチン航空のスタッフに話しますがどうやら
まさかのロストバッケッジ!?






カラファテーウシュアイア間の1区間しか乗ってないのに
ふざけんなよ~






昨日はいきなりフライトキャンセル、今日はロストバッケッジ!




アルゼンチン航空なかなか手強いぜ!!



スタッフが何やら調べて明日お前のホテルに届けるよ!と言われたがホテルは取ってなかったので
空港はwifiが飛んでいる為、慌ててネットでホテルを予約。

明後日にはブエノスに行く事を伝え明日絶対ホテルに届けろよと念を押して空港を後にする。

本来なら上野山荘に泊まりたかった。

ウシュアイアに来た目的の1つでもあるし、南米で最も有名な日本人宿である意味バックパッカーの聖地的宿だからだ。しかし情報だと10月まで休みらしいのでちょっと残念。

いや、かなり残念である。






タクシーで予約したホテルまで向かいます。これが世界最南端の景色かと思い、

なんだかちょっとテンションが上がります。




ここウシュアイアはパタゴニア地方の最終地点。他の旅行者からはここは最南端と言うだけで特に見所もないし
何もない所だよ。とよく言われるが、僕はこの世界最南端都市という響きにロマンを感じるしただただ自己満足
で来たようなものである。
IMG_7450.jpg




ホテルにチェックインするのだがスタッフが英語が話せなくてスペイン語オンリーなのでチェックインするだけで
一苦労。市内の観光マップ的なのをもらい街を散策することに!欠航で滞在が1日少なくなった為、やりたかった
ビーグル水道クルーズを明日にする為ツアー会社をまずは探さないと!



まずはセントロへ。セントロ付近までがホテルから遠い、40分くらいは歩いてかかる。行きは坂道が下りだから
楽だが帰りが大変そう。
IMG_7452.jpg






港が見えてきてツアー会社を探すが夕方だったためあまり人がいない。

周辺を歩いていると、以前誰かのブログを見た時に載ってた最南端の看板を発見しました。

ここで写真を撮りたかったのでちょっと嬉しいかったです。
IMG_7462.jpg
「fin del mundo」
世界の果てという意味らしいです。たしかにここでごもっとです。




あちこち歩いているが疲れたというより初めての街なので楽しいが優先なのでぜんぜん苦にならず楽しいです。
それに目的もなくただぷらぷらしているだけなのでタクシーとか乗りようが無いのもあるけど。




ヤマナ博物館発見!

IMG_7472.jpg




IMG_7473.jpg
このイカしたヤマナ族の事は後日紹介します!




セントロに戻りぷらぷら。最果ての地と言うだけあり何もない寂しい街並みを想像していたが、意外に都会だし
観光地的ですし旅行者はたくさんいます。なのでお土産屋さんもたくさんあります。
IMG_7489.jpg




IMG_7495.jpg




こんな最果ての地でも日本のメーカーは大人気。
IMG_7493.jpg

暗くなってきて宿に戻る途中ビーグル水道を申し込んでないのを思い出し再びセントロに。

とりあえずツアー会社を探します。そしてPiraツアー社で申し込みました。

確かこんな名前でした。

ペンギンが見たい事を伝えたが今の時期は見られないと言われちょっとショック!250ペソでした。(約4100円)高いのかお得なのか正直分かりません

。朝8時半に港の桟橋に集合と言われ、何とか無事に申し込めましたが

、桟橋まで宿から1時間くらいはかかるので明日は早起きです。



セントロのレストランで軽く食べながらビールを飲みほろ酔いで宿まで帰りました。
IMG_7500.jpg
東京まで17017Kmって書いてありました。遠いです。


IMG_7503.jpg

| アルゼンチン | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まさかの豪華ホテル!?

今日は世界最南端の街「ウシュアイア」に向かいます。


最南端と言われるだけあってこんなに南です。
png




宿をチェックアウトする時に、スペイン人カップルがチェックインしてきた。

話しかけられたがスペイン語が分からないため「ノーエスパニョール」というと

英語で話してくれて、なかなか面白い奴で1時間くらい盛上がった。

もう1泊しろよと言われたがチケットをとってある為,断りました。

聞くと夏休みでパタゴニアを周ってるらしく

「1ヶ月しか夏休みくれないんだぜ、クレイジーだろ!」と言っていたが日本人からしてみると
何とも贅沢な話である。




今回お世話になった宿
Amancay
Gobernador Gregores1457
El Calafate-Santa Cruz Patagonia Argentina
3泊で600ペソくらいでした。
セントロにも近くwifiも早く快適でした。
なによりオーナー夫婦がホスピタリティ溢れる温かい人達で
とてもいいホステルでした。
DSC0132.jpg




IMG_6911.jpg




雑貨屋さんみたいなかわいい造りです。
IMG_6925.jpg




IMG_7243.jpg







カラファテの空港はとても小さい。日本の道の駅くらいのサイズである。
当然日本人旅行者はいない。
IMG_7398.jpg




チェックインして搭乗ゲートで待っていると”delayed"の文字が




嫌な予感が..........



しばらくすると、空港スタッフが来て何か説明している。
オールスペイン語なので何言っているか全く理解できない。
説明が終わると搭乗ゲートで待っていた搭乗するであろう人達が皆出て行ってしまう。
どういう事だろう?
となりにいたフランス人旅行者が英語で説明してくれる。
「システムエラーで飛ばないみたいよ!外で待ってろって。多分この便キャンセルになるぜ!」




って!?





まじっ!?






嫌な予感的中しそう!



搭乗ゲートを後にして外でフランス人二人組とビールを飲みながら3人で待ちました。
彼らはバリローチェに行くとの事。彼らの便も遅れている。
結構長く待たされたが彼らの便は出発になり「グッド・ラック」と言われ別れる。
一人だとつまらなかったので楽しく過ごせたのが不幸中の幸いである。

もうかれこれ6時間は待っている。いい加減まだかなぁと思っているとついにキャンセルの文字が

IMG_7406.jpg



予感的中
すぐにチェックインカウンターに行き説明を受けるがまたしてもオールスペイン語。
本当に勘弁してほしい。
英語で聞くが面倒臭そうにあからさまに嫌な顔であしらわれる。こっちも英語がペラペラではないので
最後はもう日本語で猛講義!
「システムエラー」だからしか向こうは言わない。
隣にいたブラジル人が英語で僕に説明してくれます。
「とにかく今日はキャンセルだから飛ばないよ!でも今日は航空会社もちでいいホテルに泊まれるぜ!」

って、言われてもどうしたらいいのか。とりあえずカウンターでホテルのバウチャー的なのを貰い
ホテルまでのシャトルバスに乗る事に。
明日はどうしたらいいか聞くとホテルに連絡するとの事。ちょいと不安が残るがまだ帰国まで多少時間が
あるのでとりあえずは何とかなりそうだ。




皆フライト難民である。
IMG_7409.jpg



今夜の宿泊ホテルはカラファテの入口のすぐ側でした。
着いてビックリ!

まさかの豪華ホテル
IMG_7423.jpg



IMG_7424.jpg



IMG_7425.jpg



IMG_7410.jpg


食事もドリンクも全部込みだったのでラッキーでした。
でも市街地までは結構離れているので遊びに行くこともできず、部屋で洗濯したりネットを
したりとのんびり過ごしました。
明日にはウシュアイアにいきたいな。
今日の欠航でウシュアイア滞在が1日少なくなってしまったのがちょっと残念。




 

エル・カラファテの街をホテルから一望。

| アルゼンチン | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラファテでのんびり

今日はエル・チャルテンに行くつもりだったのですが、体調がイマイチなのと
カラファテの街をゆっくり散策したかったので諦めました。

風邪を引いたみたいで調子がイマイチなのでゆっくり休んでから出かけました。


まずは見たかったアルヘンティーノ湖へ
宿の主人に聞くと10分くらいで着くとの事。
行ってみます!
IMG_7326.jpg



IMG_7327.jpg

たしかに10分くらいでアルヘンティーノ湖が遠くに見えるところまでは来たが、僕が行きたいのは
湖の畔である。
地元の人に聞きながら歩くが、この湖は周りに広大な湿地帯がある為、畔まで行けない!湿地帯を迂回すると
何時間歩いても辿りつかない!

なので引き返して違う道を選択。
IMG_7333.jpg



IMG_7334.jpg
遠くに見えてきました




宿の主人が言った10分くらいなんてとんでもない!
すでに2時間以上は歩いてます。

ふぅーっ!




IMG_7338.jpg




IMG_7340.jpg
散々歩いてココまで来ましたがこの先に湖があるのですが、これ以上進むことが出来ず断念
だけど向こうの山が湖に写ってキレイです。





っていうか
戻るのがまじっメンドクセー!





途中フラミンゴが遠くに
IMG_7376.jpg




カラファテの街並み。ホントに小さな街である。
IMG_7347.jpg






メインストリートに戻り、まずは毎日来ているアイス屋さんでカラファテアイスを!
_DSC0106.jpg



_DSC0107.jpg
ブルーベリーみたいな味でめっちゃうまい!

ここでは 「カラファテの実を食べるとまたカラファテに戻ってくる」 という言い伝えがあります。




カラファテの街はオシャレでかわいい店が多いです。
IMG_7276.jpg



IMG_7279.jpg




IMG_7288.jpg




DSC0123.jpg




IMG_7383.jpg



街にはチョコレート屋さんがたくさんあります。
寒いから甘いものがほしくなるのかなぁ~!?
_DSC0125.jpg



_DSC0126.jpg






世界最南端日本人経営のお寿司屋さん
IMG_7391.jpg


この店もみんなオサレです!
IMG_7395.jpg



日本のテレビでも何度も取上げられている店主の島藤さんと。
島藤さんはバックパッカーに大人気の藤旅館という日本人宿の店主でもあります。
僕はセントロから離れている為泊まりませんでした。
IMG_7397.jpg





セントロにこんな看板が!
日本の裏側というかだいぶ遠くまで来たなと実感します。
IMG_7262.jpg






夜にまたステーキレストランに来てしまった。今日で3日連続である。
とりあえずまたパタゴニアビールから!
_DSC0090.jpg



また肉とワインでお腹を満たしほろ酔いで帰る事に。
最後に店員と記念に一枚。
DSC0093.jpg





明日は世界最南端の街ウシュアイアに行きます。
カラファテとっても楽しかった!小さい街だが最高です!
またいつか訪れたい!今度こそチャルテンなどイロイロ行きたい!





png

ちなみにエル・カラファテはこの辺です。

| アルゼンチン | 14:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるでガリガリくん!?

今日はロスグラシアレス国立公園に行く日。



そうそう氷河に行く日だ。




ここの氷河は、南極、グリーンランドに次いで世界で3番目に大きいらしい! 



カラファテに来る人ほとんどがここ目的だろう。



朝宿にツーリストバスが迎えに来てくれて乗り込む。バスはすいていてツアー参加者は以外と少ないなぁと思っていたら何ヶ所もホテルを回り客をピックアップしていきます。皆いいホテルに泊まっているなぁと思っていると気付けば満席になってました。



1時間半くらい走ると国立公園の入口がそこで入園料を徴収しにスタッフがバスに乗ってきます。
入園料100ペソと以外に高い!



更にバスを走らせていくと段々氷河が見えてきます。氷河が全貌を現したとき、乗客全員から歓声があがります。これが日本人バスだったらここまで盛上がらなかっただろう。
テンションが上がりますIMG_6937.jpg





到着してすぐにミニトレッキング用の船に乗り氷河のほうへ向かっていきます。
IMG_6950.jpg




IMG_6964.jpg
まだ陽が昇ってないのと風が強いせいか激さむです。まるで冷凍庫に入ってる気分です。





氷河を横目に向こう岸に船を着け、どんどん歩いて進みます。
最初はスペイン語だけの説明だったので何を言ってるか全くわからない。
IMG_6972.jpg





ミニトレッキングする為に氷河の登り口を目指し氷河の脇の林道をみなで歩いていきます。
IMG_6996.jpg




IMG_6992.jpg





途中でスペイン語組と英語組に分かれました。同じツアー客は40人くらいいたのかなぁ!

英語チームは自分を含めて4人だけでした。

観光地なだけに日本人は絶対いると思いましたが一人もいなかったです。



最初に注意事項や国立公園の説明をしてるのだが、イマイチよく分からない。
アメリカ人の紳士的夫婦がガイドの英語説明を更に分かりやすく、
僕用にシンプル英語にしてくれる。とてもありがたい!
IMG_7001.jpg




まずはくつにアイゼンという鉄のスパイクみたいのをガイドに着けてもらいます。
IMG_7018.jpg



装着後はこんな感じで。
IMG_7022.jpg






いよいよスタートです!
IMG_7012.jpg




IMG_7027.jpg
氷を一歩一歩踏み込んでいく感触が何とも言えない感覚でとても楽しい!





氷上トレッキングはとても面白いIMG_7037.jpg




IMG_7061.jpg






途中何度も止まって写真を撮ります。
アメリカ人紳士的夫婦が撮ってくれるとの事なのでお願いすることに。
イマイチ盛上がらなかったので、ここは体をはって笑いを取ろうと思って氷河をちょいと
上から滑り落ちてこようと狙ったがガイドに




「ノッ!ノォ~!!」 
と必死の形相で止められた。
笑いをとるはずが完全にドン引きされてしまった。




アメリカ人に
「グッ...グッド.....ポーズ........。」 
 と言われ苦笑いされてしまった。
IMG_7053.jpg
何とか挽回せねば!








氷上だけの景色を見ていると何だか登山家になった気分である。
氷河は氷の密度が高く、光が氷の青色だけに反射してそれ以外の色は吸収してしまう。
なので全体が青く見えます。まるでガリガリくんです!
IMG_7091.jpg



あちこちに深いクレパス(氷の割れ目)がある、落ちたら終了である。
IMG_7047.jpg




IMG_7066.jpg
息をのむほどの何とも言えぬキレイな光景です。










ツアーが終盤になると不自然に氷上にテーブルとグラスが用意されています。
IMG_7074.jpg



氷河の氷のウイスキーを飲むサプライズである。


なかなかいい演出ではないか!
IMG_7079.jpg




IMG_7085.jpg




氷河の氷でロック、めっちゃウマイ~!!
IMG_7083.jpg






氷上トレッキングはこれで終了で、昼休憩の後ミラドールへ向かいます。
氷上トレッキングは高いですけど、
めちゃめちゃ楽しいので絶対オススメです!! 





IMG_7123.jpg












IMG_7148.jpg




氷河からの流氷があちこちにたくさんあります。
本当にガリガリくんなみに青い!IMG_7149.jpg




IMG_7151.jpg




IMG_7155.jpg






IMG_7176.jpg
オフシーズンなので氷の崩落は期待してなかったが、天気もよく気温も上がってきたので
期待できそうです。





IMG_7191.jpg




あちこちで 「パッーン」 って乾いた銃声のような音がします。





そして地鳴りのような音をたてて崩落しています。





でもその瞬間をカメラで捉えるのは難しいです。
IMG_7208.jpg
あ~っ!遅かった!





結局このあと待ってたけどもう崩落はありませんでした。 残念




IMG_7196.jpg




IMG_7197.jpg




IMG_7223.jpg






IMG_7224.jpg

なんだかんだで氷河を満喫して大満足でした♪
ペリトモレノ氷河最高です!!



これからカラファテの街に戻ります。
IMG_7230.jpg


僕が利用したツアー会社。カラファテでは有名みたい。
Hiero&Aventura
ミニトレッキング600ペソ(約10000円)
      +
国立公園入園料100ペソ (約1670円)


≫ Read More

| アルゼンチン | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。