| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ最終日

ウユニを夜8時に出発また悪路との格闘が始まる。まじウンザリ!!今回は途中道が川になっていたり、ランクルが流されていたりと大幅に到着時間が遅れた。

バスにトイレが付いている為休憩等が無く、とにかく腹が減りまくり。

ラパスに着いたのがまさかの夕方4時ですよ!20時間バスに乗っていました。

そりゃ腹減るよね!

本来なら12時間くらいで着く予定だったので、昼12時にサンフラシスコ寺院前で石井ちゃんとかと
待合わせして一緒に遊ぶ予定だったので時間に間に合わず申し訳ないと思っていたが,後日石井ちゃんから
メールが来て彼らも大幅に遅れたとの事。

やはり皆同じ目に遭ってました。



ラパスに着き荷物を置きにまた一番ホテルへ。
よく走ってるクラシックなバスに乗りたかったので、どこへ行くのかいくらなのか分からなかったが
とりあえず乗ってみて適当なところで降りました
DSC01238.jpg


完全に暇つぶしだね!
DSC01237.jpg





ボリビア名物インディヘナのおばちゃんのプロレスを見に行きたかったが
ツーリストインフォメーションで聞いたら日曜日しかやってないと言われ
日程が合わず残念!



ラパスの市街地。
意外に大都市でビックリ。
\DSC01239.jpg



ツーリストインフォメーシションで話ししてたら

外でスゴイ音がするので見に行くと

道路を埋め尽くす程の人でデモ行進していました。

物凄い音だったのでテロかと思った。
DSC01250.jpg



する事もないのでご飯を適当に食べぷらぷら
DSC01256.jpg


DSC01258.jpg



ミラドールキリキリは行ったのでもう一つのビューポイントライコスタの丘へ行くことに

道がよくわからないので近くにいた大学生っぽい兄ちゃんに聞いてみた。

親切に地図まで描いてくれて教えてくれました。ありがとう!
DSC01260.jpg



そんなこんなで到着。
DSC01262.jpg


DSC01265.jpg


DSC01267.jpg



また意味もなくミニバスに乗ってみたり、クラシックバスに乗ってみたりと。

暇つぶしに適当に遊びました。

暗くなって疲れてきたので宿へ戻りました。
DSC01274.jpg



DSC01275.jpg



ホテルの屋上からラパス市街の夜景。

とってもキレイ!

高地のせいかビールやワインを飲んであっという間に

撃沈&泥酔になりました。
DSC01278.jpg

短すぎる休暇も終わり!
さぁて日本に帰るか!!




スポンサーサイト

| ボリビア | 04:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

@Uyuni2

キレイな日の出を期待し写真を撮りに外へ
DSC01092.jpg


.........!?
DSC01108.jpg


何か微妙!
DSC01112.jpg




朝はとにかく寒い!
ずっとビーチサンダルだった為か足がなり寒い!寒いというか痛い!
凍傷になるかと思った。
DSC01116.jpg




塩湖に路線バスが!旅行者には奇妙な光景だが

現地人には日常の光景です。
DSC01177.jpg








定番のウユニでのトリック写真あまり完成度は高くないですがご覧ください!
DSC01011.jpg


DSC01013.jpg


DSC01029.jpg


DSC01031.jpg


DSC01165.jpg


DSC01166.jpg


DSC01182.jpg
結構うまく撮るのは難しいです。けど楽しく遊べました!!



昼飯にリャマのステーキが出ました。もちろん美味しくないです。
DSC01198.jpg


一緒になったメンバー
DSC01199.jpg


これからウユニの街に戻ります。
戻る途中ちょっとお昼寝
DSC01218.jpg



また列車の墓場に寄ってくれました
DSC00903.jpg


DSC01222.jpg


一緒のツアーになった人達と楽しく遊べました♪
DSC01221.jpg


DSC01230.jpg
またまた楽しく遊べました。
これからラパスへ帰ります。

| ボリビア | 04:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

@奇跡の絶景!ウユニ塩湖

約12時間悪路に揺られ早朝ウユニに到着。

長かった~!

DSC00856.jpg



雨が降った後みたいなのでこれは鏡張りの塩湖が期待出来そう!!
DSC00857.jpg




旅行会社の客引きがいっぱいる中、情報ノートでオススメの穂高旅行社で申し込みました。

日本語の名前の会社だけどに日本人のスタッフはいません(きっと!?)

でも実際日本人の旅行者でここを使う人は結構多いみたい

1泊2日4食付きでプラヤブランカに泊まり$55でした。

そこで大学の卒業旅行で来ていた西田くん達3人と一緒になり6人でツアースタート!
DSC00862.jpg




DSC00860.jpg





朝早かった為店が全然開いていないDSC00859.jpg




腹減った~!
DSC00872.jpg





朝のウユニの街並み。

ウユニの街は小さい、それなのですぐ見て周れる
DSC00875.jpg




DSC00864.jpg




DSC00865.jpg





DSC00868.jpg





DSC00876.jpg


最初に「列車の墓場」と呼ばれる使わなくなった列車の言わばゴミ捨て場から
ツアースタート♪♪♪



ウユニの街から結構近い
DSC00885.jpg



DSC00886.jpg



DSC00887.jpg



標高がハンパねぇ~!!
DSC01234_20130314052019.jpg




標高が高いからやけに雲が近い!!
DSC00902.jpg




DSC00889.jpg



アルティプラーノと呼ばれる高原地帯
DSC01214.jpg





この線路今も電車通るのかなぁ???
DSC00903_20130314045003.jpg










いよいよ塩湖に入ります。奇跡の絶景をご覧ください!DSC00913.jpg






ランクルのキャリアにみんなで乗りウユニを肌で感じます!
DSC00915.jpg





だんだん水面が透き通ってくる。DSC00919.jpg





DSC00926.jpg







ついに.....!DSC00928.jpg






キタッーーー!
これこれ!!
これが見たかったんだよ~!


DSC00930.JPG







ありえない景色が360度!
見渡す限り全部絶景!
DSC00942.jpg











DSC00933.jpg





今夜泊まるホテル”プラヤブランカ”
目標対象物がないからそんなに遠くなく感じるが結構遠い






唯一塩湖の中にあるホテル、プラヤブランカに到着!
DSC00955.jpg







一緒のツアーメンバーで♪DSC00956.jpg





壁もテーブル、イス、ベッド全部塩・塩・塩で出来ているこのホテル
DSC00972.jpg



DSC00974.jpg





DSC00973.jpg





DSC00966.jpg







ウユニ塩湖

天空を映す鏡、ウユニ塩湖。雲と空そして鏡状になった塩湖がつくりだす

白と青の不思議な世界。

乾季には真っ白な塩の大地になります。

四国の半分程にあたる広大な塩の平原は高低差50cmもない世界一平らな場所である。

その為雨季になると降り注いだ雨水は平らな塩湖の上を均一に広がる。

そして巨大な鏡となり天空を映し出す。

鏡の湖は世界で唯一雨季のこの場所でしか見れないのだ。
DSC00977.jpg







不思議と亀甲模様
DSC00981.jpg






雲と空そして天空を写しだす。青と白の不思議な世界です。
雲の量、形などから一度として同じ景色になる事のない奇跡の絶景です。
DSC00982.jpg






DSC00987.jpg





DSC00990.jpg






ウユニの塩の結晶
海水の10倍という高い塩分濃度で浮力が強く水に沈まない。
その為結晶のまわりにまた結晶がつきこのような形になる
DSC01018.jpg




DSC01034.jpg



DSC01037.jpg



DSC01042.jpg



ウユニは刻一刻と表情を変えます。
DSC01051.jpg




DSC01056.jpg



日本じゃありえない空の色をしている。
DSC01072.jpg




すべてが絶景&感動です。こんな景色ここでしか見られないだろうなぁ~!
何だかどこかで見た事あるようなポーズな気がしない!?
DSC01054.jpg




本当に絶景すぎる絶景です。今まで見た中で一番の絶景です。
DSC01069.jpg




ウユニは一日中絶景です。
DSC01059.jpg






夕飯は結構おいしかった。パスタとスープに米が入ったもの
DSC01080.jpg




電気無し水道無しその上トイレは超キョウレツだけど日本人には大人気!

この日は宿泊客全員日本人でした。欧米人などの旅行者はもっと設備が整っている
宿に大体泊まっています。

普通に日本で生活していると世界一周している人は殆ど会いませんが、こういう

日本から遠いところではそういう人たちのほうが当たり前にいます。

日本人はどこにでもいるなぁと感じました。

ツアーで一緒になったメンバーとろうそくの火を囲みワインやビールなどを飲み楽しい時間が過ごせました。

何だがキャンプと同じ感じである。

しかし若い人20代前半の人が(特に大学生)がすごく多い。

自分、タカさん、石井ちゃんの30代半ばの人は稀な気がする。
DSC01083.jpg









| ボリビア | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界一標高の高い首都

飛行機を乗り継ぎ約30時間、やっと着いた!

遠かった!

ここは世界一標高の高いエルアルト空港

空港で標高を測ったら.....

富士山を軽く越えています
DSC01234.jpg




DSC00752.jpg




すり鉢状になっているラパスの街

雲の高さから標高の高さを感じます。
DSC00755.jpg


雲より自分たちの方が高い!

こんな事は初めて。

標高の高い空気の薄い空港周辺のエルアルトは比較的貧しい人が生活し

富裕層は空気の濃い下の方のラパスで生活しているそうです。
DSC00748.jpg




とりあえず宿へチェックイン。そこで知り合った石井ちゃんと一緒にウユニへ。

今晩発のバスチケットを取りにターミナルへ。

石井ちゃんは2日前にブラジルから来たが高山病でダウンしてて

復活した日に自分達が来て丁度タイミングが合った。
DSC00772.jpg




ボリビアの通貨を持っていなかったのでターミナルで両替しました。

治安が悪いと言われるバスターミナルなのでより警戒心を高め注意しましたが

危険な感じは全然ありませんでした。

まぁ何もなかったからこういう風に言えるのだが...。
DSC00773.jpg





とりあえず市街地をぷらぷら。

初めての街は何だか楽しいしわくわくします。
DSC00781.jpg




DSC00789.jpg



ラパスはとにかく坂道が多い。すぐ息が切れる。

気にしてた高山病ですが意外に平気でした。

こういう南米特有の街並み大好きです!
DSC00791.jpg



あちこちの屋台で売っているエンパナーダ。

マッシュポテトを揚げたような感じで

中にベーコンなどが入っている。置いてあるソースを適当にかけて食べるのだがソースで

当たりそうな気がとてもするが、まぁとりあえず試してみる。

めちゃめちゃウマシ!!
DSC00783.jpg



しばらく何も食べてなかったのでより美味しく感じました
DSC00784.jpg



石井ちゃん、タカさんと三人でラパス市街が一望できるビューポイント、ミラドールキリキリへ
DSC00808.jpg



DSC00810.jpg





次に月の谷へ行くことに。

3人だし面倒なのでタクシーで移動しました。約1時間くらいで到着。

本当に月面の様な景色。まるでドラゴンボールの世界だ!
DSC00813.jpg



DSC00823.jpg



下手なフォルクローレを吹いてました。

最初はこの景色に見とれたが、

大して面白くないのですぐラパスに戻りました。

ボリビアは物価が安い為タクシーで1時間とか走っても

全然たいした金額ではないのですごく助かります。
\DSC00839.jpg



ラパスの交通整理をするシマウマ達。あちこちにいます。
DSC00766.jpg



DSC00770.jpg
する事もないのでバスの時間までカフェでのんびりしたり、石井ちゃんオススメの高山病の薬
を買いに行ったりと暇つぶしをしました。
いよいよこれからウユニへ向かいます。

| ボリビア | 04:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。